くるま買い替えナビ

セレナとヴォクシーどっちが買い?

くるま買い替えナビ

低燃費・ハイブリッドミニバン対決!

日産 セレナいうものは、ミニバン出荷台数でいかなる時も上位の方にランキングに入る人気車。2016年に最新となる5代目がお目見えしているが、そのセレナに2018年2月28日にプラスαとなった「e-POWER(eパワー)」。これは2016年11月にノートに採用されたハイブリッドシステムで、初登場から4年が経過していたノートを月販出荷台数順位トップにまで押し上げたスターでもあり、ノート出現時から要望されていたセレナe-POWERがついにお目見えとなった。

くるま買い替えナビ

 

かたやトヨタ ヴォクシーハイブリッドは2014年に3代目へとフルモデルチェンジをやり遂げたうえで追加されたもので、間違いなく先代プリウスに搭載されていたものと同等の1800ccエンジン+モーターというハイブリッドシステムが実装されている。ヴォクシーそれだけではセレナの後手になっているが、兄弟車のノア、エスクァイアも含めればセレナを超える人気車種であり、2017年7月にマイナーチェンジを実施し、上級車種のヴェルファイアを彷彿とさせるアグレッシブな前面を手にしている。 そんなハイブリッドミニバンの最高峰とも言える2車種は「どっちが買い!?」なのか徹底評価!

 

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|燃費検証

くるま買い替えナビ

日産のフルハイブリッドシステム、e-POWER(eパワー)とは日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV 燃費の案内するに先立って、日産のe-POWERについてサクっと解説しておきましょう。日産自動車は「電気自動車の新しいカタチ」と言っているが、エンジンとモーターを搭載しているため、実際はハイブリッドの一種である事はすでにたくさんの方がわかっておられることだろう。 しかし、e-POWERがその他のハイブリッド車とかなり違うのは、走行時はいかなる時もモーターで駆動し、エンジンは発電を徹底してやるシリーズハイブリッド方式なのだということだ。このおかげで、エンジンは駆動系にはすべてつながっておらず、加減速時にエンジンが極端に揺り動かされることもないため、それを超える使い易さが達成できているということです。

 

セレナとヴォクシー、燃費が良いのはどちら?

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシーセレナe-POWERとヴォクシーは両者ハイブリッド車のために、やっぱり関心を持っているのは燃費の数字のはずです。目録リスト値では、セレナe-POWERが26.2km/Lであるのに対し、ヴォクシーハイブリッドは23.8km/Lとセレナe-POWERのほうが2.4km/Lも良い数値を記録して、後発の面子を見せつけた格好になった。 さりとて、これというのはどちらにしてもカタログ上での数字であり、走行シーンによっては反転するリスクも秘められています。どうしてかというと、モーターだけで運行するセレナe-POWERは、ハイレベルな速度域での巡行やのぼり坂での速度アップなど、強い負荷がもたらされ続ける局面はうまくはなく、あれよあれよという間にバッテリーを消耗することになる。これだとエンジンも充電が原因ですべての力をだしてしまい、結局は燃費がアンバランスになってしまうというわけです。けれどもヴォクシーハイブリッドは、こういう局面でエンジンも動力という形で合わせて使うことが出来るので、その時まで大きくおかしくなる確率が低いということになります。 さらには、両車とも暖房を使用すると直ちに燃費が悪化してしまう。そのワケは、自動車の暖房は一般的にはエンジンの熱を活用していて、温風を送ろうとすればおのずとエンジンがかかる回数が多くなってしまいます。セレナe-POWERには電熱線ヒーターの一種PTCヒーターも基本実装しているが、きっちりと車内をあったかくするには力不足であって、つまるところエンジンが開始ししまう。

 

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|価格・コストパフォーマンス比較

ヴォクシーファミリーカーとしてほっとくことのできないのが車両プライスです。いかに燃費が素晴らしくて燃料代を控えるということが可能だとしても、車両コストがアップしてしまいますと本末転倒でしょう。車両本体価格で比べると、セレナe-POWERが2,968,920円(e-POWER X)〜3,404,160円(e-POWER ハイウェイスターV)してとして、ヴォクシーハイブリッドは、3,014,280円(HYBRID X)〜3,269,160円(HYBRID ZS)ということになります。 両方の車両もエアロパーツを纏ったクラスが準備され、セレナe-POWERからは「ハイウェイスター」シリーズ、ヴォクシーハイブリッドは「HYBRID ZS」がマッチしますが、この度は、基本ボディの中間クラスで比べたいと思います。というとセレナe-POWERは「e-POWER XV」、ヴォクシーハイブリッドは「HYBRID V」でである。 上記で述べたクラスで比べると、セレナe-POWERが3,128,760円、ヴォクシーハイブリッドが3,142,800円とおよそほぼ同じお値段となる。どちらとも両側電動スライドドアや衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備は基本装着であるが、ヴォクシーハイブリッドに基本装備されるLEDヘッドライトやリアエアコン、本革ステアリング、シートヒーターというような装備がセレナe-POWERではメーカーオプション品であるので、このへんのオプションを含めようとすると約15万円の上乗せが生じる。 この他には、ボディカラーは13色が用意されるセレナe-POWERだが、アズライトブルー、シャイニングブルー、ブリリアントシルバーの3色以外は全て特別塗装色となっており、割増コストがかかってしまう点も気に掛けたい。

 

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|安全性能比較

くるま買い替えナビ

いまでは常識実装となりつつある衝突被害軽減ブレーキは、セレナe-POWERとヴォクシーハイブリッド両車とも取りつけされている。稼働エリアはどちらも約10km/h〜80km/hのレンジとなっているが、ヴォクシーハイブリッドのトヨタセーフティセンスCが対車両だけにもかかわらず、セレナe-POWERのインテリジェントエマージェンシーブレーキは、これ以外に車速が約60km/hを下回った場合は歩行者も感知するポイントが異なって来る。 この他には、セレナe-POWERには付属品としてではあるが、高速道路同一車線自動運転技術のプロパイロットの設定があり(243,000円)、こういったものを採り入れることで、車線逸脱防止支援システムや踏み間違え激突抑制アシスト、移動物検知機能付インテリジェントアラウンドビューモニター、標識検知機能などいくつものオプションがプラスとなる。 かたやヴォクシーハイブリッドには、踏み間違い衝突防止やオートマチックハイビーム、先行車発進告知機能というものはトヨタセーフティセンスCの機能に含まれるため、お金をかけても安全装備を充実させたい人はセレナe-POWER、必要最小限のオプションで満足という人にはヴォクシーハイブリッドがお薦めできそうです。

 

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|外装デザイン・ボディサイズ・運転しやすさ比較

くるま買い替えナビ

セレナe-POWERとヴォクシーハイブリッドは、どちらとも5ナンバーサイズミニバンとのことなので、ボディサイズは非常に同様の数字になってしまう。 セレナe-POWERが全長4690mm×全幅1695mm×全高1865mmで、ヴォクシーハイブリッドが全長4695mm×全幅1695mm×全高1825mmとなる。全高に関してはセレナが多少高いが、車内スペースは両車とも1400mmと基本的に同一なので、デザイン上の違いというケースになる(※数値は標準ボディのもの)。

 

運転が容易なのは、視界保持の視点でセレナか

運転のやりやすさに関してはどちらともファミリーカーという角度でできあがっており大きな違いはないが、セレナの方がフロントの三角窓が大きく、サードシートを収納した際もリアサイドガラスがほとんど隠れないという点においてはいくつかはセレナの方に分がある。

 

外観はお好みで選べば良い

外観に関しては、まさに“ミニヴェルファイア”といった印象のヴォクシーハイブリッド。特にエアロパーツを纏ったZSグレードはかなり押し出しの強いフロントマスクを持っており、迫力のあるルックスを好むユーザーには持ってこいだろう。 一方のセレナe-POWERは、ヴォクシーハイブリッドに比べるとスッキリした印象。ハイウェイスターでもそこまでのオラオラ感はないので、スマートに乗りたいユーザーにはセレナe-POWERをオススメしたい。